クリニックブログ

カテゴリ「クリニックについて」

カテゴリ「クリニックについて」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言も解除され、少しずつ社会全体で日常を取り戻す動きが始まっています。まだまだ油断は禁物ですので、感染予防には細心の注意を払いながら過ごしていきましょう。

 

さて、全世界がこの未知の新型コロナウイルス感染症に揺れる今、当院ができること、果たすべき役割は何か、今一度考えてみました。

 

①専門医知識を生かした丁寧かつ的確な診断と治療→院長がいずれも専門医資格を有する糖尿病、甲状腺疾患、及び高血圧、高脂血症、高コレステロール血症と言った内分泌疾患について、以前よりかかりつけの患者さんはもちろん、今月も多くの新規の患者さんにも受診頂いております。これらはいずれも感染症予防の観点からも良好な管理をする事が重要です。こんな時だからこそ、しっかりとお話を伺い、的確な診断のための検査と丁寧に納得行くまで説明を行い、最適な治療を行うための労を惜しまない、これが当クリニックの使命と考えます。

 

②社会不安による心身の不調にも幅広く丁寧に対応→感染症に対する不安、自粛や休校、慣れないテレワークなどによるストレスは心身に多岐にわたる不調を引き起こすことがあります。ストレスによる胃もたれや食欲不振、食べ物のつっかえ感、胸焼けや、便秘や下痢といった症状には、女性ならではの話しやすさ、物腰の柔らかさに加え、消化器病専門医であり内視鏡専門医と言う知識と腕も兼ね備えた副院長を中心に、丁寧かつ親身に対応いたします。

 

また、広い意味では院長の専門分野である内分泌疾患に含まれる更年期症状も不安やストレスで症状が前面に出やすいせいか、プラセンタ注射などによる治療を開始される方が増えています。また、疲労回復注射と併用で効果を実感される方もおられます。みなさまの気になる事、お困りの点にしっかりと耳を傾け、適切に対処することを常に心がけております。

 

③2人の総合内科専門医がいる強みを生かすこと→社会不安のせいでやる気が起きないのかと思っていたら、実はひどい甲状腺機能低下症だった。ストレスによるイライラや下痢かと思って受診したら、バセドウ病による症状の一部だった・・・など。院長も副院長も総合内科専門医であることを生かし、病気を「決めつける」ことなく、幅広い視野から、時に2人で意見交換、確認しながら、最適な判断をし、患者さんを正しい方向に導ける努力をする。このご時世に限らず基本かもしれませんが、やはり重要な使命と考えます。

 

以上のような考えのもと、スタッフ一同、精一杯努力して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない状況のなか、盛んに報道で「持病のある方、高齢者の方は重症化しやすい。」と言われる今こそ、そのような方の持病の管理を「こんな時だから仕方ない」と簡略化するのではなく、「丁寧かつしっかりと」行い、良い状態を保つことで、この難局をみなさんと乗り切っていきたいと考えております。

 

当院では、糖尿病、甲状腺疾患、高血圧、高脂血症、内視鏡検査を必要とする胃腸疾患といった「持病のある方」や高齢者の方、妊婦さんといった、今こそしっかりとした疾患管理を必要とする患者さんに安心して受診していただくために日々工夫を重ねております。

 

当院は、待合室も広く、天井高も高いので、いわゆる「3密」の状態を避けるべく、他の患者様と間隔を開けて待っていただく事(=ソーシャルディスタンス)が可能です。

 

38台駐車可能な十分な広さの駐車場がありますので、待ち時間が気になる方は、診察の順番が来るまで車でお待ちいただく事も可能です。

 

また、発熱、咳、痰といった風邪症状のある方には、事前電話、事前に保健所への連絡のお願いを徹底し、診察室、時間を分けることで(=時間的空間的隔離)、持病のある方との接触を避ける工夫を早い時期から行っています。

 

さらに、糖尿病、甲状腺、高血圧、高脂血症、胃腸疾患で通院される際、なるべく混雑のない曜日、時間帯をご案内できるよう、常に状況確認を行っています。

 

また、内視鏡検査の際、ヘアキャップ、ゴーグル、マスク、長袖エプロンの着用、機器のより念入りな消毒を行い感染管理に細心の注意を払っています。

 

この難局を乗り越え、みなさんの平穏な生活が取り戻せる一助となれるよう、スタッフ一同努力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行が止まらず、先を見通せない状況が続くなか、不安な日々をお過ごしの方も多数おられると思います。

 

当院では糖尿病、甲状腺疾患、高血圧、脂質異常症といったいわゆる「持病」をお持ちの方や、内視鏡検査を必要とする胃腸症状のある方や、妊娠中や幼いお子さまを連れた授乳中の方、高齢者の方にも安心して受診していただくために、以下のように感染対策を強化しております。

 

●スタッフの感染対策

手洗いはもちろん、アルコールや必要に応じ人体に無害な濃度の次亜塩素酸による消毒とマスクの着用を徹底しております。

 

●院内の感染対策

クリニック内清掃の際、待合室、診察室はもちろん、不特定多数の方が利用されるドアノブや取っ手、手すりなどを重点的に消毒しています。また、待合室の雑誌、プレイコーナーのおもちゃを一時的に撤去させて頂いております。

 

●空気清浄機の設置、換気の徹底

待合室に空気清浄機を設置し、ウイルス対策を強化するとともに、午前診と午後診の空き時間を中心に換気を徹底しております。

 

●医療機器の消毒の徹底

直接患者様に触れる内視鏡の用手的な洗浄+機械洗浄はもちろん、他の医療機器の消毒もこれまで以上に強化しております。

 

以上のような対策に加え、もしご希望があれば受付後診察までの時間を車で待機頂く事も可能です。

 

みなさまに安心して受診していただくために、スタッフ一同精一杯努力してまいりますので、今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

連日暑い日が続き、東海地方も熱中症に厳重警戒の状態が続いています。十分な水分補給に栄養と休養を心がけて、この暑さを乗りきりましょう。

さて、前回のブログにもアップしましたが、明日8/13(火)は終日、明後日8/14(水)は午前診療を行います。明日8/13(火)午前中はお盆休みで混雑も予想されることから、急きょ副院長との2診体制とします。今のところ8/13(火)午後、8/14午前は院長の1診のみの予定です。お休みは8/14(水)午後~8/18(日)となり、8/19(月)~通常診療となります。

お盆休みで帰省中の方、急な体調不良でお困りの方、いらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

お知らせにもある通り、今年のお盆休みは8/15(木)~8/17(土)とさせて頂きます。

8/13(火)終日、8/14(水)午前はいずれも診療、また、8/19(月)~は通常通り診療いたします。

梅雨も明け、暑い日が続き、熱中症に厳重な注意が必要な季節がやってきました。最近では、お子さまの手足口病やヘルパンギーナ、年齢を問わず夏カゼや胃腸カゼも流行しております。病状に応じて、院内迅速採検査や点滴なども適切に行い、みなさまの体調回復に努めております。

冒頭にも書きました通り、8/13(火)終日、8/14(水)午前はいずれも診療、また、8/19(月)~は通常通り診療いたしますので、お盆休みで帰省中の方、急な体調不良でお困りの方、いらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。スタッフ一同、みなさまの健康をお守りできるよう、これからも精一杯努めてまいります。

 

 

ページトップへ戻る